FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘やかしたい人~NEVER LAND~



 シザー×ウェンディ
 ベストEND後設定
 久々に書いたせいでキャラが違いすぎますが…





 それは、いつもの光景と言えばいつも光景だった。
 散らかし放題の部屋と、だらけた男。
 いつもの事だとは思うのだが、彼の部下二名に

『なんとかしてください!! もう頼めるのは、審査員殿しかいないのです!!』

 と泣きつかれてしまっては仕方ない。

(どうでもいいけど、あの二人は本気で私の事を『審査員殿』呼びでいくのね……)

 名前で呼んだらシザーの反応が怖いと言っていたのは冗談じゃなかったのか……そんな事を考えながらシザーに近づく。

「シザー! クリップ達が泣いてたわよ? あなたが全く仕事をしないからって!」
「……なんだ、お前か。私は真面目にやっているぞ。なのにあいつらときたら私からビスケットを取り上げて」
「ビスケットは、仕事を片付けたらっていつも言ってるのに、あなたが勝手に食べるからよ!」

 そうして、その後は何とか励まして仕事をさせるつもりだった……なのに、

「どうしてこんな事になっているのかしら?」
「ん? 何か言ったか?」

 満足げに瞼を閉じているシザーにはウェンディの呟きは聞こえなかったようだ。
 ビスケットの代わりをよこせと言われて、何も持っていなかったウェンディは、少しの休憩なら良いだろうと執務室内のソファーでシザーを休ませる事にした。
 時間は15分程度。そこまでは良かった……が。

「私、膝枕するとは一言も言ってないわよ」
「良いだろう、たまには夫を労え」

 ここに来いと、ソファーの端に座るように言われてウェンディが腰を下ろしたのとほぼ同時に、シザーは彼女の膝を枕に横になってしまった。
 パクパクと口を開けるだけで何も言えないウェンディをよそに満足気な表情のシザー。

「仕方ないわね……」

 ただ膝を貸してあげるだけでこんな表情を見せてくれる……それを嬉しいと感じてしまう自分に内心では照れながら、ウェンディは思わず彼の髪を優しく梳いていた。

「どうした?」
「手持ち無沙汰なのよ……あなたは気にしないで寝てて良いわよ。少ししたら嫌でも起きなきゃいけないんだからね」
「この状態で眠れとは、お前は無茶な事を言うんだな」
「どうしてよ。目を瞑るだけでも休めるはずよ?」

 シザーは自分の髪に触れていた小さな手を取り、その細い指に口付ける
 驚いて手を引こうとするが、シザーの方が力が強くて全く動かせない。
 そしてウェンディに追い討ちをかけるかのように、

「こんなに近くにお前を感じて、大人しく眠れるわけがないだろう?」

 そんな風に甘く囁いてくる。
 動揺し、真っ赤になっている顔はもうすでにシザーに見られている……それでもなんとか誤魔化したいウェンディはつい、苦し紛れに言い返してしまう

「そ、そんな事を言うなら、さっさと起きて仕事の続きをしなさいよ! わ、私はあなたを休ませる為に膝を貸しているんだからね!」
「何も眠るだけが休憩ではないだろう? そもそも、私はビスケットを要求したつもりなんだが?」
「ビスケットは駄目よ。ルーラーから止められているわ」
「ふ……ならば、違うものを要求するしかあるまい……なぁ奥さん?」

 艶めいたその台詞が何を意味しているか、嫌という程解っているウェンディだがそれに乗るわけにはいかない。
 ここは執務室で。今はただの休憩時間。

「それも駄目に決まってるでしょう!」
「冷たいな……少しは夫を労っても良いと思うんだが?」
「労うほど働いてる様子見た事無いんだけど?」
「何を言っている? 夫としての義務は毎日果たしているだろう?」
「……私が言ってるのは、ここでの仕事の事よ!!」

(そう簡単に誤魔化されるものですか!)

 端から見たら、これは言い合いに見えるのだろうか。それでもただのバカップルのじゃれ合いか。
 シザーとただこうしていられるのが楽しいウェンディはついつい彼のペースに乗せられてしまう。

(あの二人の為にも早く仕事をさせないといけないのに……)

 少しだけと言っていた休憩時間はもうすぐ過ぎようとしている。

「仕方ないから、少しだけなら労ってあげるわよ……」

 それなのに、ついつい彼を甘やかしてしまう。
 公私は分けないといけない。そういつも思っているのに、それが実行できない。
 お菓子以上に甘い男に感化されたせいだわ……と心の中で言い訳をしつつ、ウェンディはその甘い甘い、最愛の夫の髪をまた優しく撫でた。

コメントの投稿

secret

top↑

comment

プロフィール

水青 奏

Author:水青 奏
好きなもの
・SOPHIA
・SoundHorizon
・乙女ゲー
・文字書き

初めましての方はまず
『始めに』をご覧ください。

最新記事

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

twitter

FC2カウンター

リンク

ブログパーツ&バナー

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。